英文ライティングを覚えて文化を伝えたい

私は日本の文化が大好きです。

伝統や歴史を重んじる民族って実はあまり存在しません。

日本って実は素晴らしい国なのですが、謙虚な国民性のせいなのかあまり他の国に日本のことをアピールしようとはしないのが残念です。

自己主張が足りないところが日本人のいいところでもあり、また悪いところでもあると私は思っております。

というわけで私は英語でブログを書いて様々な人に日本の良さを知ってもらおうと日々努力しております。

英語は国際語ですからね。

様々な国の人が読んでくれればいいのですが。

ただ、ブログは読んでいる人が楽しめるような内容にしないと誰も目を通してくれなくなってしまいます。

だから私は英文ライティングを勉強しながらブログを書くことにしました。

英文ライティングをしっかり覚えてブログを読みやすいようにすれば日本の良さが伝わるスピードも速くなってくれるはず。

そう信じて毎日猛勉強をしております。

英文ライティングって難しいですよね。

英文ライティングをする上での必需品

英文ライティングをするときみなさんは片手に辞書を持っていると思いますが、それだけでは足りません。

勿論辞書も必需品なのですが、他に必要なものがもう一つあります。

文章を読むうえで人に違和感を抱かせるのはどんなときなのかを考えればその答えはおのずと出てくるはずです。

文章というのはある意味ではリズムです。

リズムが単調過ぎると人は飽きてきたり不快感を覚えたりしてしまいます。

校長先生の話を聞いていると眠くなってしまうのはそのためですね。

文章もまったく同じでリズムが一緒だと相手の読む気がなくなってしまうのです。

だからリズムを変えるためのものが必要になるんです。

正解は類似語辞典です。

作家さんなどは必ずこれを持って小説を書きます。

英文ライティングのプロ

同じ意味でも別の単語を駆使してリズムを一定にしないほうがいいからです。

だから英文ライティングをするときは類似湖辞典を駆使して出来る限り同じ単語を使わないように心掛けましょう。

この点は日本語も同じですね。


Comments are closed.